当サイトでは芸能ニュースはもちろんのこと、芸能人がよくいくエステサロンやダイエット情報まで幅広く紹介しています。

バルセロナ圧巻の75%の支配率。キーパーソンはメッシ?イニエスタ?シャビ?

世間はソチオリンピック。
日本時間、明日8日1時14分より開会式がスタート。

このソチ祭りにも関わらず、
サッカーネタでいきます。

今季最高となる83%の支配率、その中心はシャビ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140207-01132443-gekisaka-socc

5日に行われたコパ・デル・レイ(スペイン国王杯)準決勝第1戦で
ソシエダと対戦し、2−0の完封勝利を収めたバルセロナ。

この試合のボール支配率が83%を記録。

元々バルサはボールポゼッションが圧倒的でしたが、
83%という数字で唖然しました。

・ソシエダのボール支配率は17%
・90分の試合時間中、実に約75分はバルサボール
・90分の試合時間中、約15分がソシエダボール

そして、この試合のソシエダのパス本数は157本。
シャビ1人のパス本数は137本。

MFで起点を作る役割のため、パスが集まりやすいといっても、
シャビ一人でソシエダ全員のパス数に迫るのは異常な結果です。

ただ、試合を見てた人なら分かる通り、
バルサらしい良いゲームだったか?と言われれば・・・

でも、失点が少ないバルサらしい
ボールポゼッションは、見ていて興奮しました。

確かにスピードもゴールシーンも微妙。
それでも「美しい」サッカーで魅了するバルサ。

今季は17勝2敗3引き分けで2位ですが、
リーガ・エスパニョーラの三つ巴戦の今後が
楽しみにでたまりません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。